車屋さんが教える車のローン・オートローンのコツ教えます。〜所有権について〜

車検証(所有権)について

車検証の「名義」とは車検証にある「所有者」の欄にある名前のことである。 当たり前のことだがこの所有者が名義人となる。オートローンで車を買うとほとんど場合で「所有権」が条件となり、「所有者」にローン会社の名前が入ることになる。
車の名義変更をする場合、所有者の印鑑証明と実印(委任状、譲渡証に捺印)が必要となる為、例えば車を売る(下取りなど)場合は所有者でないと売ることが出来ないことになる。 原則として手放す際には所有権解除の手続き(書類)が必要となり、そのためにはローンの完済が必要となります。

所有権解除

ローンで購入した車(所有権が付いている車)を下取りなどで手放す際に必要な手続きとなります。
   基本的には名義変更の手続きと同じなので名義変更についてはこちらを参考にしてください。

通常の名義変更と違うのは所有者が「ローン会社」という点だけなので「印鑑証明・委任状・譲渡証」にあたる所有権解除書類が必要になります。 この書類はローンの支払いが終わった事を証明する「完済証明」をローン会社に請求するのと同様で完済後にローン会社に請求すると発行されます。

まだローンが残っている車を売るには?

基本的にはローンの残債を清算する必要があります。
車の売価(査定額)が残債を上回っているならその中から清算。下回った場合は「追い金」という形が一般的です。
ただし、これは上記の「所有権」がついているモノに限ったものなので、ローンで購入したけど所有権がついていない場合(車検証の所有者がローン会社ではない場合) はローンを残したまま普通に売ることができます。

メニュー

裏メニュー

■ 新車の値段も比べる時代です。
■ 査定依頼でもれなく楽天Sポイントプレゼント!
■ 三井住友VISAカードなら「らくらく発行!」
■ 18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』
■ 困った車の処分は引取りから手続きまで全て無料
inserted by FC2 system