車屋さんが教える車のローン・オートローンのコツ教えます。〜審査〜

一般的な審査基準

一般的な審査基準は以下の通りです。

  • 年齢が20歳以上であること
  • 他の無担保借入(カードローンを含む)との合計額が年収の50%以内
  • 他の借入金と合わせた年間返済額の合計が年収の40%以内
  • 毎月安定収入があること                                   などとされています。

    実際の信販会社の審査は上記の審査基準に、CICやCCBといった情報機関を使い各種クレジット利用状況を加味して審査結果を出すことになる。 したがって、どこが通りやすいということはほぼありません。

    また、審査に大きく影響を持たす条件という意味では頭金の有無も結構影響してきます。「収入と利用状況」がすべてではありません。 10万円ぐらいを頭金に設定するかしないかでは結構影響してきます。 出来れば総額の30%以上くらいの頭金が用意できるとかなり有利な条件となります。

    利用状況について

    基本的な意味ではクレジットと名の付くものすべての利用状況と考えてください。
    オートローン・住宅ローン・各種クレジットカードの他、現金一括払いを除いたものすべてが該当します。 この情報には大きく分けて2種類がありローン会社が持っている情報とローン会社がCICやCCBなどの情報機関に公開した情報があります。公開情報には完済等の情報も含まれますが遅れなどの情報ももちろん含まれます。 悪い情報という意味では3回程度の遅れで3年、完全な踏み倒し・自己破産クラスの情報で7年は残るそうです。 一般的にコレを「公開ブラック」と言ったりします。


    また、これ以外の通りづらいケースで「ホワイト」という事例があります。
    この「ホワイト」は全く情報がない場合をいい、過去にクレジットを全く利用していないことをさします。 情報データ上「過去7年に全く利用履歴すらない」=「自己破産等のクレジットを使えない理由があった」と判断されます。もちろん本当にクレジットを本当に使っていないケースもあるので更に詳しく調べる方法も存在するが、オートローンの審査担当は無難な判断ということで「要保証人」という結果を出す傾向にあります。

    審査における注意事項

    イタズラに審査をするのはNGです。
    担当者の応対にもよりますが、1件目の審査がすべてと考えてもいいでしょう。審査内容にある「利用状況」と「支払い状況」は一緒ではなく「審査をした」という情報なども考慮されるようです。 (ちなみに「審査をした」という情報は「仮審査」「事前審査」といった残りづらい内容の情報でも最低2週間以上は残っているらしいです。「延滞」「滞納」などの重要度の高い情報は7年ぐらい残るという噂も...。)

    例えばA社の審査の後にB社の審査をするとB社は「A社が審査をした」ということを考慮。B社の審査上問題なくても「A社の審査後」=「A社の審査でNGなど」と考えられB社の審査はより厳しいものとなります。

    審査シミュレーションはコチラ

    また、「審査をした」という事実もデータとして残ります。
    審査は大きく分けて2通り存在し、簡易的な「事前審査」と本格的な「本申込」があります。 簡易的な事前審査でも最低2週間はデータが残るのし、審査でOKが出ていても「本申込」「契約」に至らないと、 「審査をした」というデータだけが残り、次の審査に影響を及ぼす場合があります。

    「要保証人」を「単独OK」になった事例

    ココは私の経験になりますが、頭金を入れることで「要保証人」が「単独OK」になった事例を紹介します。正直、1件や2件の事例ではありません。

    @ お客様の希望で全額ローンでのA社に審査を依頼。 → 結果 「要保証人」
    A お客様に結果を伝え、頭金を入れての再審査を提案。
    B 10万円くらいの頭金を入れてもらいB社に依頼。
       注、審査を流す際に「A社で審査をした事」
           「頭金などの条件が変わっての再審査である事」を伝えるのが Point になります。

    C 通常、B社は「2件目」ということで警戒した審査をしますが、上記 Point を満たす事で
       1件目と同じ様な条件でしてくれます。また、頭金が入ることでB社規定をクリアできそう
       なギリギリであっても、「次回は1件目でお願いします。」ということで頑張ってくれるケース
          があります。                         → 結果 「単独OK」

  • メニュー

    裏メニュー

    ■ 一括査定で楽天Sポイントプレゼント!
    ■ 匿名だから誰にも知られず安心!
    ちょっと心配な融資審査…
    その前にボンドくんで仮審査うけてみよう
    ■ 「賢い使い方」の強い見方
    ■ 新車の値段も比べる時代です。
    ■ 査定依頼でもれなく楽天Sポイントプレゼント!
    ■ 三井住友VISAカードなら「らくらく発行!」
    ■ 18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』
    ■ 困った車の処分は引取りから手続きまで全て無料
    ■ 自動車保険。一番安いのは?
    inserted by FC2 system